キャッシングの審査におけるスコアリングとは

キャッシングに申し込むと必ず行われるのが審査です。
融資を受けるためには申し込んだ金融機関に信用してもらう必要があるのですが、利用者ができるのは正確な個人情報を提出することだけで、基本的には全ての作業をお任せにすることになります。
金融機関側では利用者が申し込み時に提出した個人情報をもとに、スコアリングによって融資可能かどうかを判断します。
スコアリングとは、それぞれの金融機関の基準に照らし合わせて点数を付けていくことです。
数多くある審査項目一つ一つに点数を付け、合計点数が基準を上回れば、そこから融資限度額が決定され、基準を下回った場合は却下となります。
項目ごとの点数の比重は金融機関によって異なります。
しかしながら、基本的には定職に就いて安定した給料をもらっていることが審査においては重視され、さらに年収が高く安定した企業や公務員として働いている方であれば与えられる点数は高くなり、融資限度額が増額されるのです。
また、返済能力以外にも支払観念という点もチェックされるので注意しましょう。
金融機関は利用者の他社の借入状況を個人信用情報機関のデータベースから調べるのです。
借入件数が多かったり、返済能力を超えた借入をしている場合は不利になります。
支払い能力が高くても返済する意思が希薄である利用者は、結果としてスコアリングが低くなってしまうことになります。
つまりキャッシングのスコアリングとは、個人の返済能力をチェックするものであると言えます。