専業主婦でもキャッシングは可能です

貸金業法の改正により総量規制が適用されました。総量規制って何って方もいるでしょうから、まずは簡単に説明します。

総量規制は債務超過に陥ることを防止し消費者を保護するという趣旨で規定されたもので個人の借入総額を年収の3分の1に制限するというものです。

年収の3分の1しかお金を借りれないということは無職の方や専業主婦の方はお金を借りれないということになります。

それでは果たして本当に専業主婦は全くお金を借りることが出来ないのでしょうか?
答えは否。専業主婦でもキャッシングは可能です。

ただし、消費者金融からのキャッシングは出来ません。
可能なのは銀行系のキャッシングのみです。

銀行系のキャッシングには総量規制が適用されないという例外規定があるんです。
なので専業主婦で収入がゼロだったとしてもお金を借りる方法はあるんですね。

まぁ借りれると言ってもせいぜい50万円が限度だと思いますがゼロよりはましですよね。
ではなぜ銀行系のキャッシングには総量規制は適用されないのでしょうか。

これは総量規制が定まった趣旨に戻れば簡単に理解できるものです。
総量規制は債務超過に陥ることを防止し消費者を保護するために規定されました。

一般的に消費者金融は金利が高く、昔は悪評が高かったので消費者を保護する要請が高いんですね。だから総量規制を適用して債務超過に陥らないようにしたんです。

でも銀行の場合には信頼性がありますよね。銀行がお金を貸したとしても無理な取り立てや無理な金利は要求しません。なので銀行から融資を受ける範囲であれば消費者を保護できるであろうから総量規制の対象外とされたんです。

色々な取り決め事がなぜ決まったのかということを掘り下げて考えていくと頭を訓練することが出来ます。専業主婦でお金を借りたいという方は銀行系のキャッシングを狙うとよいでしょう。